東日本大震災で思うこと
東日本大震災に世界中から多くの支援金や支援物資が集まっています。
応援のメッセージもたくさん集まっています。
善意の輪が広がっていることがせめてもの救いです。

ただ、被災地や被災地周辺で色々な物資が不足している。
被災地以外の場所の人たちも不安になって、買い占めているようだ。
不安感から自分のために購入するのは、仕方ないと思うが、気になるのは、
不足する物資をたくさん買って高額で販売する人が出てきていることだ。

安く買って、高く売る。
それは、犯罪にはならない。
犯罪にはならないが、それ以前の道徳や倫理に大きく反する行為だということを自覚する必要があるだろう。
もし、いまそんなことを考えているひとは、よく考えて欲しい。
明日は、我が身だとということを

徒然 | 【2011-03-16(Wed) 08:11:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

こちあか編集部

Author:こちあか編集部
にわか百姓です。
借りた田んぼと畑で少しばかりの米と豆と芋を作っています。

今、興味のあることは、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)とSDGs(持続可能な開発目標)。
今みたいに、あくせく働かなくても、みんな豊かに暮らしていた時代があったはずなのに、いまはなんで、こんなに働いているのに苦しいのか、ちょっと立ち止まって考えてみようと

リンク
RSSフィード