スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
貧乏人のひがみ
消費税の増税が検討されている。
税金を否定するわけではないが、貧乏人がより大変になるような気がする。

去年のエコカー減税とエコ家電のポイントも税金で補填する。

お金がある人は、
車を買い換えて減税されて、ガソリン代も安くなる。
家電を買い換えて、ポイントをもらって電気代も安くなる。

お金がない人はエコカーもエコ家電も買えないが、エコ社会になるためには、多少の負担はしかたない。
と自分を納得させようとするが、
お金がない人の税金が、お金持ちにまわっているような気がしてしょうがない。
自動車産業や大手家電メーカーに行っているような気がしてしょうがないのだ。

元気に働けるときや稼げるときに、たくさん税金をはらって、病気のときや景気の悪いときは、税金で生活を守ってもらえる。
そんな風に考えるのだが、いまの貧困・格差や借金苦による自殺、バタバタと倒れてゆく中小企業を目のあたりにして『皆さんから税金をいただきますが、自分の生活は、自己責任で守りなさい』と言われているような気がしてしょうがない。

これは、税金ではないが、
去年の暮れから、住宅などの太陽光発電で余った電気を電力会社が買い取ることが義務化された。電力会社の負担を穴埋めするために、今年の4月から各家庭で毎月20円ほど電気代が上がるらしい。
クリーンエネルギーのため。というのは解るが、原発や核関連の研究にどれほどの税金が使われているのだろう。地熱・水力・風力・バイオにそのお金を使っていれば、とっくの昔にクリーンエネルギー社会になっていたんじゃなかろうか。
(原発=ウランは、放射能という二酸化炭素以上に危険なものを排出するし、海水を温めて温暖化に寄与しているため、クリーンエネルギーではないし、持続可能なエネルギーではない。地下資源である以上、石油と同じで、ウランもいつかは枯渇するのです。)

徒然 | 【2011-01-26(Wed) 12:04:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こちあか編集部

Author:こちあか編集部
にわか百姓です。
借りた田んぼと畑で少しばかりの米と豆と芋を作っています。食育や環境問題の講演会やセミナーの手伝いもしてます。貧乏暇なしです。

今、興味のあることは、NPOバンクと地域通貨。
今みたいに、あくせく働かなくても、みんな豊かに暮らしていた時代があったことを思い出しましょう。
なんで、こんなに働いているのに、生活が苦しいのか、ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。