スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ベーシックインカム再考
新年あけまして おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

最近にわかにベーシックインカム(BI)が脚光を浴びてドキドキしている。

新年にあたりBIを再考しようと思ったのは、去年12月に、テレビ朝日『池上彰の学べるニュース』でベーシックインカムが取り上げられたのもあるが、ベーシックインカム・実現を探る会の記事に中央公論2010年6月号に、原田泰氏が書いた文の一節が掲載された。
その中に『社会が人々のあらゆる試みに最低限の報酬を払うことは悪くない』という一文がある。
BI推進派の人の意見を色々読むが、やっぱりこれかな。と思ったからだ。

いまの閉塞感は、『経済が永遠に拡大し続ける』というのが幻想だったこと、そして永遠に拡大し続けると、地球のあらゆる資源が枯渇して人類はもとより様々な生物まで生きてゆけなくなることに多くの人が気づいた結果だと思う。
これまで私達が経験したことの無い、少子化・グローバル化による賃金低下・効率化の限界・金融緩和でも対処できない消費低迷。これから始まる右肩下がりの経済の中で、現政権が言う強い経済・新成長戦略などという言葉は、むなしく響くだけだ。
国や政府が手詰まりのいま、社会や人々があたらしい試みを手探りでやってみるしかない。そのためには、だれもがチャレンジ出来るよう最低限の報酬を払う必要があるんだろうと思う。

BIの話には、財源論がつきものだが、
このままの政策で、日本経済を破綻させないように、プライマリーバランスをとることが可能なんだろうか?
いまの国家財政を一般会計に絞ってざっくり見ると、
収入(税収)が年間40兆円、支出(社会保障等)100兆円
借入(国債等)60兆円、借入残高(国債等)が900兆円

一般家庭に例えると
年収400万円の家庭が、毎年600万円借金して1000万円使っている。
なおかつ借金の残高が9000万円あるということだ。
うちの家計もすごいけど、国には負ける(笑)

財源問題で思考停止するよりも、貧困解消、一次産業活性化、景気回復、少子化対策、社会保障、円高是正、雇用問題など多くのメリットが考えられるBIを議論するほうがずっと前向きだと思う。

財源については、デフレギャップがある間は、政府紙幣を発行しギャップがなくなった時点で税金に切り替える。それだけでOKなのだ。政府紙幣は、国が発行せず、地域通貨にして発行権を県または道州制あたりの範囲に委譲する。

減価させるべきかは、ちょっと迷うけど


ベーシック・インカム | 【2011-01-05(Wed) 13:39:35】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

nogaさんコメントありがとうございます。

お返事しようと思って何度か読み直したのですが、なんか難しい話なので、よく解りません(ごめんなさい)
2011-01-11 火 18:01:34 | URL | こちあか #EmGmBmaw [ 編集]
日本人には意思がない。
意思は、未来時制の内容である。
日本語には、時制がない。

日本語は、現実構文ばかりの言語である。
実況放送・現状報告の内容ばかりを伝えるための言語である。

現在は現実であり、未来は非現実である。
意思は未来のことであり、非現実のことである。
未来の内容を現実構文を使って表現すると、それはこの世の嘘・偽りとなる。
意思を日本語で表わす事は難しい。

意思のあるところに、方法はある。(Where there's a will, there's a way.)
意思を持たない人には、現実対応策はない。
無為無策でいれば、閉塞感に襲われる。
閉塞感は、諦観へと続く袋小路になっている。
この過程が、日本人の精神生活となっている。

カレル・ヴァン・ウォルフレン (Karel van Wolferen) は、<日本/権力構造の謎> (The Enigma of Japanese Power) の<日本語文庫新版への序文>の中で下記の段落のように述べています。

、、、、、日本の政治を語るうえで欠かせない表現の一つである「仕方がない」という言葉を放逐することに、本書がいささかなりとも役立てばと願っている。本書は、本当の意味での政治参加をさせまいとして日本に広く作用する力について詳述している。この力こそは、個々人の、市民になろうとする決意と、有効に機能する民主主義を守ろうという意志を弱めるものである。日本に作用するこの力は、独裁政権があってそこからくり出されてくるのではない。それは日本の社会環境のあらゆる場所から発現する。、、、、、この力こそが、多くの日本人が身をおく境遇に対して唯一、適当な対応は「仕方がない」とうけいれることだと思わせるのである。(引用終わり)

個人の意思の内容が、個人選びの判断基準になっていない。
指導者は、個人の意思の内容で選ばれた人物ではない。
だから、指導者に選ばれても、個人の意思に基づく指導性を発揮することができない。
このような状況下では、指導者の恣意的判断は避けられない。

指導者の意思決定が迅速でなくては、民は時間を浪費する。
指導者の恣意的判断では、民は大きな怪我をする。
意思がなければ議論にならぬ。恣意決定では周囲が承服しない。
これが、律儀な日本人全体の不甲斐なさである。
国のありようは、国民一人一人のありようで決まる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


2011-01-09 日 06:29:02 | URL | noga #sqx2p0JE [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こちあか編集部

Author:こちあか編集部
にわか百姓です。
借りた田んぼと畑で少しばかりの米と豆と芋を作っています。食育や環境問題の講演会やセミナーの手伝いもしてます。貧乏暇なしです。

今、興味のあることは、NPOバンクと地域通貨。
今みたいに、あくせく働かなくても、みんな豊かに暮らしていた時代があったことを思い出しましょう。
なんで、こんなに働いているのに、生活が苦しいのか、ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。