スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
まだこんなバカなことをやっている
ヤフーニュースより転載
----------転載開始----------
羽なしテントウムシが誕生=世界初、害虫駆除に有用-名古屋大
7月21日2時6分配信 時事通信
 名古屋大の新美輝幸助教らの研究グループは、羽のないテントウムシを世界で初めて作ることに成功した。害虫のアブラムシを食べるため、テントウムシの一部は農業で利用されている。羽なしテントウムシが用いられれば、飛んで逃げなくなるので害虫駆除の効率が上がるという。
 新美助教によると、生物はリボ核酸(RNA)を介して、遺伝子から羽や手足を形成するなどの指令を出す。同助教らはテントウムシの羽を作りだす遺伝子を特定。その指令を運んでいるRNAを分解し、働きを失わせることで、羽なしテントウムシを作り出した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000010-jij-soci
----------転載終了----------

科学者は、『テントウムシをはじめすべての生き物は人のためにあるんだよ』と思っているのだろうか。

遺伝子操作で羽のないテントウムシを作る???
ばかじゃなかろうか。羽のないテントウムシは畑から逃げられないかもしれないが、天敵からも逃げられない。クモやトンボの餌を作っているようなもんだ。科学者っていう人達は、頭が悪いんだと思う。

--------------------------------------------------------
話は変わって、みんなの田んぼの草取りをやります。
暇なときにチョコチョコやってるけど、夏草の勢いには勝てない。

7月26日(日) 9時から2・3時間です。
協力お願いします。

徒然 | 【2009-07-21(Tue) 11:20:10】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
本当に、人間本位の現代科学にはがっかりします。

自然の一部でしかない人間が、自然との調和を忘れて、すべてを切り離して勝手なことをするのは悲しいです。

こちあかさんのこの文章。
科学者さんに読んでもらいたい。
2009-07-22 水 23:40:34 | URL | パール #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こちあか編集部

Author:こちあか編集部
にわか百姓です。
借りた田んぼと畑で少しばかりの米と豆と芋を作っています。食育や環境問題の講演会やセミナーの手伝いもしてます。貧乏暇なしです。

今、興味のあることは、NPOバンクと地域通貨。
今みたいに、あくせく働かなくても、みんな豊かに暮らしていた時代があったことを思い出しましょう。
なんで、こんなに働いているのに、生活が苦しいのか、ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。