政治不信極まる
小沢民主党代表の公設秘書が政治資金規正法違反の疑いにより検察に逮捕
民主党側は、『自民党が検察を動かし国策捜査を行なった』ととれる発表
西松建設から自民党議員への献金リストが公開
漆間巌官房副長官が『自民党および自民党議員には捜査は及ばない』と発言
検察が自民党・二階氏を同法違反の疑で立件に動く

なにがなんだかわからない。

政治というよりも国に対しての不信感が募ってしまう。
検察とか地検特捜部というのは、最後の正義であり、巨悪であろうと体制側であろうと容赦なく国民のために動くものと思っている。

しかし、今後の展開で、与党や官僚の思惑が検察の動きに影響を与えていたとしたら・・・
『国策捜査疑惑』という言葉は、植草一秀さんが逮捕されたときに聞いた。
そんなことがあるはずがない。と思ったが、ネットで色々調べてみると解らなくなる。
さかのぼると、橋本龍太郎、田中角栄などの歴代首相の名前も挙がってくる。

今回の小沢さんの件では、単に政治家の政治資金規正法違反という問題ではなく、官僚・政治家・司法関係者が誠実に瑕疵なく職務を遂行していることを国民に証明せねば、国に対する国民の不信が極まることになるだろう。
マスコミも、自民党や民主党の支持率がどうのとか、誰が首相に相応しいかなどという世論調査をする暇があったら、『関係者によると・・・』などという記事ばかり書かずにその発言をした関係者の真意やその影響を考え、きちんと裏を取り公平に報道する必要がある。それこそがジャーナリストに求められる使命ではないか。


徒然 | 【2009-03-09(Mon) 18:07:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

こちあか編集部

Author:こちあか編集部
にわか百姓です。
借りた田んぼと畑で少しばかりの米と豆と芋を作っています。

今、興味のあることは、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)とSDGs(持続可能な開発目標)。
今みたいに、あくせく働かなくても、みんな豊かに暮らしていた時代があったはずなのに、いまはなんで、こんなに働いているのに苦しいのか、ちょっと立ち止まって考えてみようと

リンク
RSSフィード