スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ケム・トレイル
温暖化とCo2の続きを書こうと思っていたけど、飛行機雲の話を先に・・・

7月29日の仕事帰り、まだ明るかったんで、畑に寄った。なにげなく空を見上げると、何本かの飛行機雲の跡。こんなところも沢山飛行機が飛んでいるんだと思っていると、西から北東に向かってジェット機が。

飛行機雲を出しながら・・・、ずいぶん太い飛行機雲やなぁ??? どうみてもなんかを散布しているとしか見えない。下が携帯のカメラで撮った写真。
ケム画像0019

写真じゃなかなか雰囲気は伝わらないかもしれないけど、まさに散布。そのあと、20分位たっても拡散するだけで、消えることはない。

ネットで 飛行機雲 散布 で検索すると、『ケム・トレイル』という言葉が出てきた。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にも掲載されている。以下『ウィキペディア』より転載
・飛行機雲より長時間残留し、本格的な雲に変化していくことが多い。
・大気中に残留化学物質などが確認され、周辺地域で健康被害が報告されることがある、出現の直前に軍用機などが飛行している。
などが挙げられ、軍や政府による気象操作や細菌兵器に対するワクチン散布などの説が流布している。世界各国で目撃例が報告されている。

現在、アメリカ国内の小学校の教科書では「気象を調整するために軍が使用する場合がある」と説明しており[1]、アメリカ議会では(Experimental Weather Modification Bill(気候操作実験法案))が出された。また、ヨーロッパでも大手新聞が報道するようになってきており、使用目的の真偽はともかく存在自体は公に認知されつつある。

ケムトレイルは第二次大戦以降も世界で遂行され続けてきたとされるが、近年、世界でこの現象が多数報告されており、米国では市民による反対運動も行われている。個人レベルではすでに含有物質を解析しているケースもある
以上 転載おわり ただ、この件については、検証中とのこと

アメリカやヨーロッパでは、報道されているのに何故、日本では報道されないんだろう?

ケム・トレイルについて調べると、解りやすい説明があった。
ときどきお邪魔する4つの目のいんきょさんが書いているブログに『ケムトレイルとは』という記事があり、とてもわかりやすい。

忙しい毎日ですが、たまに空を見てみるといいかも。

アセンション | 【2008-08-05(Tue) 12:19:45】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-09-12 金 23:59:09 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こちあか編集部

Author:こちあか編集部
にわか百姓です。
借りた田んぼと畑で少しばかりの米と豆と芋を作っています。食育や環境問題の講演会やセミナーの手伝いもしてます。貧乏暇なしです。

今、興味のあることは、NPOバンクと地域通貨。
今みたいに、あくせく働かなくても、みんな豊かに暮らしていた時代があったことを思い出しましょう。
なんで、こんなに働いているのに、生活が苦しいのか、ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。