スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
キラキラシートオープン!
種まきから5日目、いい感じで芽が出そろったので
キラキラシートオープン。
180529_113813.jpg

シートをはぐると同時にスズメ除けネットをかぶせる。
シートをはぐるのは曇天がいい。
と思う。
晴天ではまぶしすぎる。
180529_113615.jpg


スポンサーサイト
今日の田んぼ | 【2018-05-29(Tue) 11:56:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
種まき
18日に浸水したんでぼちぼち種まきかな
種もみを見ると、ちょうど根が出始めたところ。
DSC_0074_00001.jpg

苗箱に土を入れて、たっぷり水を含ませて
DSC_0068_00001.jpg

ひと箱に一合の種もみをできるだけ均等に蒔く
DSC_0077_00001.jpg

覆土して、きらきらシートかぶせて終わり
DSC_0085_00001.jpg


今日の田んぼ | 【2018-05-24(Thu) 18:53:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
合成生物の衝撃
この忙しいのに本買った
『合成生物学の衝撃』(須田桃子著)
DNA解読から合成の時代へ コンピュータ上で設計された生命がすでに誕生している
『国体論 菊と星条旗』(白井聡著)
ちょっと前に『永続敗戦論』ていうのを読んでなるほど!と思ったんで

この忙しいのに…、なんだけど不思議と忙しい時のほうが読書欲っていうかそういうのが活性化するような気がして、特に春になって田んぼを始めるころ
なんか、全体の回転数みたいのがあって、体と頭は連動してて、体が動くと頭が動く。みたいな。
だから冬は体も頭も冬眠状態(笑

       

“合成生物の衝撃”の続きを読む>>
本の紹介 | 【2018-05-19(Sat) 19:30:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
苗づくり開始
ちょうど雨で
ぼちぼちと思っていた苗づくりを開始

必要な種もみを計算して
水に浸けて浮いた空モミや藁くず、ゴミを除く
DSC_0007_00001_00001.jpg

卵が浮く(横に寝る)くらいの塩水を作って
未熟米や傷んだ米を除く(塩水選)
DSC_0010_00001.jpg

風呂に少なめに水を張って沸かし、60度にし、10分浸ける(温湯消毒)
ばか苗病、いもち病、苗立枯細菌病などに対して農薬を使った場合とほぼ同じか、それを上回る防除効果が期待できる。

10分きっかりでお湯から出して水で冷やし
そのまま浸水(芽出し)
DSC_0012_00001.jpg

この時期なら4~5日で種まきに
これが始まると稲の成長に合わせてのスケジュールになる。

これも年一回なんで、塩水作るのに18リットルに塩何キロだったっけな?
忘れて、ネットで調べて、便利なもんだなぁ。と感心して。

インターネットが普及しはじめた頃に、メディアがフェイクニュースを流しても現場の人がリアルタイムで真実を伝えることが可能なので情報の精度が上がるだろうと言われていた。
確かに情報統制をかけられた戦場などは、一方的な見方のメジャーによるニュースだけでなく現場からのリアルな姿が発信されることもある。しかし、なんでそんな信憑性のかけらもない情報を信じて議論をしかけてくるの?って思うようなことも少なくない。
「どこのメディアの情報なの?」って尋ねても
「これは影の力が働いてマスコミには出ない真実なんだ」みたいな
『裏がとれない、噂の域を出ないから書かないだけじゃないのかしら』と思うことも多々あるが、大手メディアからの情報はすべてコントロールされたでっち上げだと信じているようで、『それが正しい。なぜならそれが正しいからだ』みたいな思考になっていて
余命ブログを読んで懲戒請求をした人たちも何故か思考停止になって信者になってしまったんだろうと

政治や経済のあり方を個人が自由に批判しそれを発信することは素晴らしいと思っている。
が、いまは悲しいかなインターネットも匿名性を利用して権力者のプロパガンダの道具になりつつある。
毎日、玉石混淆のニュースが読み切れないほど流れてきて、読んだときにあれほど憤慨したのにあのニュースはいったい何だったのか。みたいなことも多々ある。

油断ならん世の中というか

今日の田んぼ | 【2018-05-18(Fri) 19:19:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
重い腰をあげて
見渡せば周りの田んぼは荒起こしが終わって畔塗も終わって
あとは代かきのための水が入ってくるのを待つばかり。

その中に、去年の稲刈り後なにも手が入ってない田んぼが
ハザかけの竹も立ったまま。
重い腰を上げてやっとハザかけの竹を片付けた(汗

片付けながら、ここは『ポニーテール作戦』やったなぁ…、思いのほか作業が進まず暗い雨の中独りでハザかけやったなぁ…。とか思いだして、ちょっとウルウルきそうになった。
諸般の事情でここの田んぼは地主さんにお返しすることになって、お返しする前の片付けの作業で

なんだろうな、僕らみたいに自分の田んぼを持たない者は縁あって声がかかった所を余力があれば借りてやるわけで、逆に諸般の事情で返すこともある。年齢と共に体力も落ちてくるのでいつまでもやるわけにはいかない。

これまでにも何度か借りたり返したりがあって、それぞれいろんな人と関わるわけだけど、それぞれの場所に当事者しか知らないような苦いやら甘いやら思い出があって、田んぼとの出会いは人との出会いと似ているところもあると思う今日この頃です。

DSC_0013_00001.jpg


今日の田んぼ | 【2018-05-17(Thu) 19:50:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

こちあか編集部

Author:こちあか編集部
にわか百姓です。
借りた田んぼと畑で少しばかりの米と豆と芋を作っています。

今、興味のあることは、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)とSDGs(持続可能な開発目標)。
今みたいに、あくせく働かなくても、みんな豊かに暮らしていた時代があったはずなのに、いまはなんで、こんなに働いているのに苦しいのか、ちょっと立ち止まって考えてみようと

リンク
RSSフィード